バイセル宝石買取の口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ > 北海道

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で宝石・ジュエリーが出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、北海道内でもう不要になってしまった宝石・ジュエリーを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

宝石・ジュエリーを売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

宝石・ジュエリーと一言でいっても、指輪、ネックレス、ペンダント、などいろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

予定していた宝石・ジュエリー以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\宝石が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【宝石、ジュエリー買取実績はこちら】
宝石、金、プラチナ、ネックレス、ブレスレット、指輪、ペンダント、ノーブランド品、片方しかないピアスやイヤリング、流行おくれのもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のない宝石・ジュエリーを処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っている宝石・ジュエリーなどがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

買取候補の宝石の種類一覧

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、ベリル、アクアマリン、ブルーベリル、モルガナイト、ピンクベリル、ヘリオドール、イエローベリル、ゴシュナイト、ホワイトベリル、トルマリン、インディゴライト、ブルートルマリン、ウォーターメロントルマリン、パライバトルマリン、ルベライト、レッドトルマリン、トパーズ、ブルートパーズ、インペリアルトパーズ、ホワイトトパーズ、ガーネット、ロードライトガーネット、ローゼライト、ピンクガーネット、カラーチェンジガーネット、スピネル、ブラックスピネル、レッドスピネル、クリソベリル、アレキサンドライト、ゾイサイト、タンザナイト、ブルーゾイサイト、ルビーインゾイサイト、ジルコン、ホワイトジルコン、ブルージルコン、アメジスト、アメジストエレスチャル、ピンクアメジスト、ファントムアメジスト、珊瑚、赤珊瑚、ピンクコーラル、黒珊瑚、ブラッドストーン、水晶、翡翠、ネフライト、パール、ムーンストーン、ブルームーンストーン、カーネリアン、ペリドット、サードオニキス、アイオライト、ブラッドショットアイオライト、オパール、ピンクオパール、ブラックオパール、ファイヤーオパール、プレシャスオパール、ボルダーオパール、ローズクォーツ、スターローズクォーツ、シトリン、ターコイズ、ラピスラズリ、アメトリン、カイヤナイト、チャロアイト、エンジェルシリカ、ラブラドライト、スペクトロライト、クンツァイト、トリフェーン、ヒデナイト、スフェーン、スギライト、サンストーン、ダンビュライト、アンダリュサイト、クロムダイオプサイト、ブラックスター、ジェムシリカ、アンデシン、ラリマー、インカローズ、クリソプレーズ、アイドクレース、メタモルフォーゼス、オーロベルディ、シリマナイト、スキャポライト、マリアライト、パープルスキャポライト、アンモライト、ハイパーシーン、ファイヤーアゲート、アマゾナイト、アズライト、クリソコラ、ソーダライト、プレナイト、ロードナイト、ピーターサイト、ヘミモルファイト、アンバー、フローライト、アパタイト、マラカイト、セラフィナイト、セレスタイト、セレナイト、ギベオン、モルダバイト、リビアングラス、モーシッシ、キャストライト、ヴァーダイト、ダトーライト、シャッタカイト、コーネルピン、エクロジャイト、スミソナイト、スファレライト、ケセラストーン、アキシナイト、アルナイト、キュープライト、トリプライト、リチオフィライト、アポフィライト、フォスフォシデライト、ユーディアライト、シリシャスシスト、パープライト、レピドライト、ワイルドホース、ダイオプテーズ、モスコバイト、ハックマナイト、バリサイト、ユナカイト、ブロンザイト、クォンタムクアトロシリカ、ティファニーストーン、ヌーマイト、デュモルチェライト、エンジェライト、オブシディアン、ヘマタイト、サーペンティン、パイライト、ジェット、ペトリファイドウッド、オニキス、クォーツァイト、瑪瑙、ブルーレースアゲート、モスアゲート、天眼石、タイガーアイ、アイアンタイガーアイ、ジャスパー、アベンチュリン、カルセドニー、アラゴナイト、プラシオライト、スモーキークォーツ、赤水晶、レインボークォーツ、黒水晶、レモンクォーツ、ミルキークォーツ、アイスクリスタル、スコロライト、ハーキマーダイヤモンド、ルチルクォーツ、ストロベリークォーツ、オーロラクォーツ、エレスチャルクォーツ、ガーデンクォーツ、ファントムクォーツ、スーパーセブン

北海道の方向けアクセサリー買取によくあるQ&A

今一番注目されている宝石・ジュエリー買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古いアクセサリーが出てきました。アクセサリーの買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

アクセサリーを複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な宝石やジュエリーを売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる宝石やジュエリーは人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

宝石・ジュエリー買取の基礎知識コラム

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を見てみるのがいいと思います。

それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だという意味です。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、そういう電話は初めてだったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品をその業者に売却できるという話でした。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金は、重さで言えば大体570グラムといったところでしょうか。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといった「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容のテレビCMをよくやっている印象です。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。

いくらかでも現金になるのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。

リーマンショック以降、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、市場の拡大に合わせて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

18歳に達していない青少年は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

2008年のリーマンショック以降、今までの間に、決して急速というわけではないですが、金の市場買取価格が上がってきています。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出しにストップが掛けられました。

リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、金の価値が高騰する引き金として機能したのではないでしょうか。

昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。

タダで手放すのは惜しいという場合には、専門のお店で売却することを考えてみてはどうでしょう。

そうした買取を専門としているお店もあちらこちらにありますので、高値が付くかどうかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。

北海道の方向け宝石・ジュエリー買取に関するお役立ち情報

\おすすめの宝石・ジュエリー買取業者なら/

北海道でアクセサリーの高価買取なら