バイセル宝石買取の口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で宝石・ジュエリーが出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった宝石・ジュエリーを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

宝石・ジュエリーを売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

宝石・ジュエリーと一言でいっても、指輪、ネックレス、ペンダント、などいろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

予定していた宝石・ジュエリー以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\宝石が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【宝石、ジュエリー買取実績はこちら】
宝石、金、プラチナ、ネックレス、ブレスレット、指輪、ペンダント、ノーブランド品、片方しかないピアスやイヤリング、流行おくれのもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のない宝石・ジュエリーを処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っている宝石・ジュエリーなどがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

買取候補の宝石の種類一覧

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、ベリル、アクアマリン、ブルーベリル、モルガナイト、ピンクベリル、ヘリオドール、イエローベリル、ゴシュナイト、ホワイトベリル、トルマリン、インディゴライト、ブルートルマリン、ウォーターメロントルマリン、パライバトルマリン、ルベライト、レッドトルマリン、トパーズ、ブルートパーズ、インペリアルトパーズ、ホワイトトパーズ、ガーネット、ロードライトガーネット、ローゼライト、ピンクガーネット、カラーチェンジガーネット、スピネル、ブラックスピネル、レッドスピネル、クリソベリル、アレキサンドライト、ゾイサイト、タンザナイト、ブルーゾイサイト、ルビーインゾイサイト、ジルコン、ホワイトジルコン、ブルージルコン、アメジスト、アメジストエレスチャル、ピンクアメジスト、ファントムアメジスト、珊瑚、赤珊瑚、ピンクコーラル、黒珊瑚、ブラッドストーン、水晶、翡翠、ネフライト、パール、ムーンストーン、ブルームーンストーン、カーネリアン、ペリドット、サードオニキス、アイオライト、ブラッドショットアイオライト、オパール、ピンクオパール、ブラックオパール、ファイヤーオパール、プレシャスオパール、ボルダーオパール、ローズクォーツ、スターローズクォーツ、シトリン、ターコイズ、ラピスラズリ、アメトリン、カイヤナイト、チャロアイト、エンジェルシリカ、ラブラドライト、スペクトロライト、クンツァイト、トリフェーン、ヒデナイト、スフェーン、スギライト、サンストーン、ダンビュライト、アンダリュサイト、クロムダイオプサイト、ブラックスター、ジェムシリカ、アンデシン、ラリマー、インカローズ、クリソプレーズ、アイドクレース、メタモルフォーゼス、オーロベルディ、シリマナイト、スキャポライト、マリアライト、パープルスキャポライト、アンモライト、ハイパーシーン、ファイヤーアゲート、アマゾナイト、アズライト、クリソコラ、ソーダライト、プレナイト、ロードナイト、ピーターサイト、ヘミモルファイト、アンバー、フローライト、アパタイト、マラカイト、セラフィナイト、セレスタイト、セレナイト、ギベオン、モルダバイト、リビアングラス、モーシッシ、キャストライト、ヴァーダイト、ダトーライト、シャッタカイト、コーネルピン、エクロジャイト、スミソナイト、スファレライト、ケセラストーン、アキシナイト、アルナイト、キュープライト、トリプライト、リチオフィライト、アポフィライト、フォスフォシデライト、ユーディアライト、シリシャスシスト、パープライト、レピドライト、ワイルドホース、ダイオプテーズ、モスコバイト、ハックマナイト、バリサイト、ユナカイト、ブロンザイト、クォンタムクアトロシリカ、ティファニーストーン、ヌーマイト、デュモルチェライト、エンジェライト、オブシディアン、ヘマタイト、サーペンティン、パイライト、ジェット、ペトリファイドウッド、オニキス、クォーツァイト、瑪瑙、ブルーレースアゲート、モスアゲート、天眼石、タイガーアイ、アイアンタイガーアイ、ジャスパー、アベンチュリン、カルセドニー、アラゴナイト、プラシオライト、スモーキークォーツ、赤水晶、レインボークォーツ、黒水晶、レモンクォーツ、ミルキークォーツ、アイスクリスタル、スコロライト、ハーキマーダイヤモンド、ルチルクォーツ、ストロベリークォーツ、オーロラクォーツ、エレスチャルクォーツ、ガーデンクォーツ、ファントムクォーツ、スーパーセブン

アクセサリー買取によくあるQ&A

今一番注目されている宝石・ジュエリー買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古いアクセサリーが出てきました。アクセサリーの買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

アクセサリーを複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な宝石やジュエリーを売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる宝石やジュエリーは人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

宝石・ジュエリー買取の基礎知識コラム

金の売却において押さえておくポイントとしては、何より相場の変動に気を配ることでしょう。

買取価格で後悔しないためにも、相場を小刻みに確認しておき、最も得する時を狙って売却するのです。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。

相場の変動を味方につけて、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。

十年以上にわたって使用していない金の指輪やネックレスなどがある人は多くいるようです。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、専門のお店で売却することをオススメします。

そうした買取を専門としているお店もあちらこちらにありますので、いくらの値段が付くか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。

まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、お店から品物用のパックが届きます。

そうしたら、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。

早ければ翌日には、買取額を通知するメールなどが届きますから、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、振込でお金が支払われます。

簡単ですね。

最近流行りの金買取ショップでは、装飾品以外にも、様々な商品に値段をつけてもらえます。

金製品を買い取るなどと言われると、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。

意外なところではメガネなどです。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども買取ショップでは売却することができます。

手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、一般的に利用されているのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方も一定数いるでしょう。

さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

デパートならば信用もあるということで、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

要らなくなった金のアクセサリー等を買取店に持ち込む前に、以下の内容を頭に入れておいてください。

金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件がピンキリだということなのです。

なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店舗の買取を利用するか、熟慮して判断するべきでしょう。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、価値の根底にあるわけです。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を謳って営業しています。

街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うところが多くなってきました。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。

金製品を売りたいという方は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。

金を売りたいなら、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

宝石・ジュエリー買取に関するお役立ち情報

\おすすめの宝石・ジュエリー買取業者なら/

アクセサリーの高価買取なら